セーフラネット

熊本市セーフラネットシステム

【高齢者】介護知識

old_m1_p1  介護保険制度は、介護が必要になつた高齢者を、社会全体で支え合う仕組みです。  要介護(要支援)認定されると、サービス事業者から居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービスなどのサービスを受けることができます。利用者は原則として費用の1割を負担します。(※ )  介護保険の被保険者は、①65歳以上の方(第1号被保険者)②40~ 64歳の医療保険加入者(第2号被保険者)に区分されています。介護保険サービスは、65歳以上の方は、原因を問わず要支援・要介護状態となつたときに、40~ 64歳の方は特定疾病(※ ※)による病気が要因で要支援・要介護状態になつたときに受けることができます。  (※)平成27年8月から一定以上の所得の人は、自己負担が2割になります。  (※ ※)特定疾病・がん末期、関節リウマチ、脳血管疾患など厚生労働省が定める16種類の疾病

old_m1_p1  介護保険に関する申請は、熊本市の場合、各区役所の福祉課、または総合出張所(※ )に申し込みましょう。「居宅介護支援事業所」又は「高齢者支援センターささえりあ」に相談すると、申請手続きを代行してもらえます。(※ )認定申請以外の手続きは、総合出張所ではできないものもあります。

old_m1_p1

old_m1_p1要介護・要支援の認定を受けている高齢者が、生活する自宅をバリアフリーにする場合、20万円を上限に、改修工事の9割を助成してくれます。助成を受けるには事前の申請が必要ですので、事前に担当のケアマネージャーにご相談ください。【工事例】・玄関や廊下、風呂場などの手すり
の取り付け・段差の解消
・洋式便器などへの取替え
・滑り防止のための床材の変更・
・引き戸などへの扉の取替え
【工事例】※介護保険以外にも、「高齢者及び障がい者住宅改造費助成事業」があります。

インフォーマルサービス