セーフラネット

熊本市セーフラネットシステム

【障がいのある方】支援制度

old_m1_p1  障がいのある方の場合、現在関わつている組織があるかないかで、住み替え相談先は違ってきます。                         区役所福祉課、事業所(就労継続支援、就労移行支援など日中活動事業所、グループホーム、相談支援事業所、くまもと障がい者ワーク・ライフ・サポートセンター「縁」など)に住み替えの相談をしましょう。                           区役所福祉課や相談支援事業所に相談しながら転居先を決めましよう。かかりつけ医に相談することも大切です。

old_m1_p1 【サービス内容】施設・事業所では、主として昼間、入浴、排せつ又は食事等の介護」作的活動又は生産活動の機会の提供など。通所によるものと、施設入所によるものがあります。
【対象者】
・通所による場合・・・障害支援区分が区分3以上
(50歳以上の場合は区分2以上)の障がい者
・施設入所による場合・・・障害支援区分が区分4以上
(50歳以上の場合は区分3以上)の障がい者

【サービス内容】施設・事業所で、又は利用者の居宅を訪間して、入浴、排せつ及び食事等に関する自立した日常生活を営むために必要な訓練、生活等に関する相談及び助言など。通所によるものと、施設入所によるものがあります。
【対象者】知的障がい者、精神障がい者
【サービス内容】施設・事業所で、又は利用者の居宅を訪間して、入浴、排せつ及び食事等に関する自立した日常生活を営むために必要な訓練、生活等に関する相談及び助言など。通所によるものと、施設入所によるものがあります。
【対象者】知的障がい者、精神障がい者
【サービス内容】生産活動、職場体験などの機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練、求職活動に関する支援、その適性に応じた職場の開拓、就職後における職場への定着のために必要な相談など。通所によるものと、施設入所によるものがあります。
【対象者】就労を希望する65歳未満の障がい者で、単独で就労することが困難なため、就労に必要な知識及び技術の習得、就労先の紹介などの支援が必要で、通常の事業所に雇用されることが可能と見込まれる方及び助言など。通所によるものと、施設入所によるものがあります。
【対象者】知的障がい者、精神障がい者

old_m1_p1 【サービス内容】当該利用者と雇用契約を締結し、就労の機会の提供及び生産活動の機会の提供。その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練など。
【対象者】通常の事業所に雇用されることが困難で、適切な支援により雇用契約に基づく就労が可能である65歳未満の障がい者
【サービス内容】生産活動等の機会の提供、その他就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練など。通所によります。
【対象者】通常の事業所に雇用されることが困難で、雇用契約に基づく就労が困難である障がい者で、次の①から④のいずれかに該当する方。①就労経験がある方で、年齢や体力の面で―般企業に雇用されることが困難となつた方②就労移行支援を利用(暫定支給決定における利用を含む)した結果、就労継続支援B型の利用が適当と半」断された方③50歳に達している方④障害基礎年金1級を受給している方

old_m1_p1  地域で共同生活を営むのに支障のない障がい者が対象で、主として夜間、共同生活を営む住居で、相談、入浴、排せつ又は食事の介護、その他の日常生活上の援助を行います。
【対象者】障がい者(65歳未満の方又は65歳に達する日の前日までに障害福祉サービス、又は、これに準ずるものを利用したことがある方)
 居宅で介護を行う方の疾病その他の理由で、直接な支援が可能な施設等ヘの短期間の入所を必要とする障がい者、入浴、排せつ及び食事その他の必要な保護を行います。
【対象者】
<福祉型(障害者支援施設等において実施)>
(1)障害支援区分が区分1以上の障がい者
(2)障がい児の障がいの程度に応じて厚生労働大臣が定める区分で、区分1以上の障がい児
<医療型(病院、診療所、老健施設において実施)>